当たる電話占い体験談

復縁・略奪愛・不倫・浮気・片思い・再婚・恋愛におすすめ当たる電話占い!

タロット占いとは?

更新日:

タロット占いの成立は一人の占い狂と、古代エジプトにあり?

タロットの起源、発祥

タロットの記録で最も古いのは、1392年の『シャルル6世のタロット』であるとされている。だが、これは現存していない。

現存している中で最古なものは、15世紀半ばに作られた『ヴィスコンティ=スフォルツァ版』が知られている。この頃のタロットは、現在用いられているものとは絵柄がかなり異なっていた。

現在用いられているものの原形になったのは、17世紀半ばにジャン=ノブレによって作成されたものである。これは最初パリで作られたが、マルセイユで大量生産されたため『マルセイユ版』として知られるようになった。

タロット占いが登場してくるのは18世紀後半であり、それ以前は、タロットはあくまでカードゲームの一種として親しまれていた。

最初にタロット占いを行ったのは?

1783年、フランスのエッティラは『タロットと呼ばれるカードで楽しむ方法』を出版した。

これがタロット占いについて記した最も古い書物であるとされる。エッティラは1738年生まれで、本名をジャン=バプティスト=アリエットと言う。

彼は1770年にはカード占いの本を出版するなど、若い頃から占いの研究を行っていた。

1781年に、考古学者クール・ド・ジェブランが出した『原始世界』という書に影響され、彼は、タロットは古代エジプトの『トートの書』に起源があると考えるようになった。

その考えをまとめたのが上記の書である。この本でエッティラは、タロットに逆位置の解釈法、古代エジプト、占星術や数秘術、錬金術の要素など、様々な要素を付加して発表した。

8年後の1789年、エッティラは自説に基づくデザインを施した『エジプシャン・タロット』を世の中に出す。
これが世界最初の占い専用タロットカードであり、『マルセイユ版』に取って代わった。

78枚全てに絵柄がそろう

1909年、アーサー=エドワード=ウェイトによりデザインされたタロットが発売される。これはイギリスのライダー社から発売されたので、『ウェイト版』の他に『ライダー版』とも呼ばれている。

パメラ=コールマン=スミスによって、当時流行したアール・ヌーヴォー調の絵柄が付され、以後イギリスでは一般的なタロットとなった。

ウェイト版までは、絵柄は大アルカナ22枚にしかつけられていなかったが、彼は小アルカナ56枚に対しても新たに絵柄を考え出した。

現代のタロット

1972年、イギリス『アルフレッド=ダグラス版タロット』が発売され、これを切欠として、神秘主義、魔術主義の枠を超えて様々なモチーフのタロットが発売されるようになった。

タロット占いの起源・歴史について

占い業界において、よく多用されるタロットカード。

占いの結果に救われた方、今後の展望について希望が見えた方など様々ではないでしょうか。

ではそのタロットカードの起源とはどのようなものなのか?

今現在タロット占いの起源については古代エジプトや古代ユダヤとする説など諸説あり、はっきりとした説は決まっていません。
上記以外でも中世後期ヨーロッパ説、インド説、中国説などもあります。

当初は遊び目的で作られたカードだったと言われており、歴史の変遷に伴い18世紀の終わりに占い目的のカードに変化していったようです。

遊び目的から占い目的になることにより、カードの絵柄も次第に神秘的なものへと描かれていきました。

19世紀に入ると、タロット占いの起源の研究も盛んに行われるようになってきました。

深く歴史を掘り下げて研究する学者や、自分達オリジナルのタロットを作成するグループも出てきました。

その中でも、フランスのエリファス・レヴィが著作した『高等魔術の教理と祭儀』という本は、タロットとカバラを本格的に結びつけた今でも人気のある作品です。

その後フランスの「薔薇十字カバラ団」や、イギリスの「黄金の夜明け団」などのオカルト結社によって、タロット占いの地位は確立されていったと言われています。

20世紀半ばになるとタロットが主流

タロットの中にも色々な主流の本があり、一般的にウェイト=スミス・パックというものは1909年にイギリスで出版されたタロットカードのことを指します。

一方のマルセイユ・タロットというものは、17世紀半ばから18世紀のフランスで作られていたタロットカードのことを指します。

この2種類のカードを比べてみると、タイトルが違うものがあったり、カードの順番がちぐはぐになっているものもあります。

絵柄についても少し相違がみられますが、ただ細い点に目をつぶれば、ほぼ同じ意味を持つカードといえるでしょう。

また現在占いに使用されているのは、全部で78枚のタロットカードです。

その内訳は、大アルカナと呼ばれる22枚のカードと小アルカナと呼ばれる56枚のカードです。

カードを並べ、偶然に出てきたカードをリーディングし、占いを行っています。

ここ最近日本ではスピリチュアルという言葉が流行しています。

タロットの歴史を考えれば、タロットで出る答えは先人たちの知恵だと言えます。

人生の道に迷ってしまった時、タロットの力を借りることも良いかもしれません。


当たる電話占い

BEST3

b

第1位:ヴェルニ

jjh

i

第2位:ココナラ

koko

h

第3位:ピュアリ


-電話占い体験談, 占い体験談

Copyright© 当たる電話占い体験談 , 2018 All Rights Reserved.