当たる電話占い体験談

復縁・略奪愛・不倫・浮気・片思い・再婚・恋愛におすすめ

四柱推命とは?

更新日:

四柱推命の歴史は、太古の中国で生まれた「陰陽五行説」が起源となっていて、十干と十二支を組み合わせている六十干支の関係性によって運命や宿命を占います。

古来より政治などにおいて重要なターニングポイントの際に頼りにされてきた占いで、難解で的中率が高い占いとして有名なものです。

それがその後日本で継承されたといわれています。

日本に入っていたきっかけは、淵海子平という一冊の中国の書物を、仙台藩の医者であり儒学者でもあった桜田虎という人が翻訳したことに始まったようです。

この淵海子平という書物こそが四柱推命を研究し、発展させた経緯が書き留められていたもので、この本をきっかけにして、四柱推命の研究が多くの学者によって行われたようです。

日本でよく知られている四柱推命のながれは、これを何冊かの本にまとめていた阿部泰山という人の考えでまとめられていて、それ以外にもたくさんの流派が存在しています。

この占いの呼び名は中国においてはこのような名称では呼ばれていないようです。子平、または子平八字、八字などと呼ばれています。

この呼び名の由来は宋代の徐子平の名前、この占いの元となった書物の淵海子平の題名からつけられているようです。ですのでこの呼び名は日本独特の呼び名です。

四柱推命での占い

占うにあたって、数値の算出には「算命学」が取り入れられていて、そこから算出された命式の結果で運勢を占うものです。

命式とは、性格や適性など、運勢全体を判断する表の事です。

誕生した年、月、日、時間をそれぞれ十干と十二支の組み合わせで表したものが、年柱、月柱、日柱、時柱の四つを柱として命式を構成し、鑑定の基盤としています。

これは西洋占星術でいうところのホロスコープのような位置付けになります。

四柱推命の「四柱」とは、年、月、日、時間のよっつの柱からなっていて、それぞれの柱の意味は、年中が生まれた年をあらわし、十干と十二支の組み合わせに置き換えたものです。主に祖先や両親から影響を受けている部分、幼少期の運勢をこれで判断します。

月柱とは、生まれた月を、十干と十二支の組み合え汗に置き換えたもので、主に両親や兄弟から影響を受けている部分、青年期の運勢を判断します。

次が日柱です。

これは十干と十二支の組み合わせによって自分自身を表していて、配偶者に関わる事、中年期の運勢を判断します。
最後に時柱です。

これは生まれた時刻を十干と十二支の組み合わせに置き換えたものです。

主に、子供との関係や子孫について、晩年の運勢を判断します。

当たる電話占い

BEST3

b

第1位:ヴェルニ

jjh

i

第2位:ココナラ

koko

h

第3位:ピュアリ


-占い体験談

Copyright© 当たる電話占い体験談 , 2018 All Rights Reserved.