当たる電話占い体験談

復縁・略奪愛・不倫・浮気・片思い・再婚・恋愛におすすめ

西洋占星術とは?

更新日:

西洋占星術の始まりから現在まで

誰でも一度は見たことのあるポピュラーな占い、12星座占い。その元となる西洋戦術の始まりは紀元前2~3000年前にまで遡ります。

メソポタミア(今のイラク)の南部バビロニアで生まれ、その頃から天体と自分の信じる神たちとを結び付け未来の出来事を占い読み取っていました。

このバビロニアで生まれた占星術が、ギリシャで今まで地上に起こる出来事を占い読み取るだけだった占星術を個人を占えるように発展させました。

今でも西洋占星術で使われているホロスコープができ、それを用いて占うようになったのです。この時期のギリシャで今の占星術のベースとなる占星術が出来上がりました。

古代ローマでは発展しなかった西洋占星術

次に占星術はローマに渡り、最初の頃こそ皇帝などの間で流行しましたがキリスト教が広まると同時に衰退していきます。このため、ローマではほとんど占星術は発展しませんでした。

そうしてヨーロッパで占星術が衰退している間、大きく発展したのがイスラムの占星術です。占星術・天文学などの学問の書物をアラビア語に翻訳し、バグダッドに天文台を作り、新しい占星術の方法を生み出しました。

ここで発展したイスラムの占星術がヨーロッパへ逆輸入されます。

12世紀ルネサンスと呼ばれる時期に占星術やその他の学問の書物がラテン語に翻訳され、学問として学ばれるようになっていきました。

ルネサンス期にはあの有名なノストラダムスが宮廷占星術師として雇われていました。

その後、占星術や天文学を研究していたコペルニクスが発表した「地動説」をきっかけに占星術は天文学と切り離して考えられるようになりまた衰退していきますが、民衆でアルマナックという占星術の暦が読まれるようになり親しまれていました。

また、ニュートンの「万有引力の法則」によって占星術は科学からはずされましたが、19世紀末のイギリスで占星術の雑誌が発行され大衆に読まれるようになってから占星術は運命的なものから心理学的なものへと変わっていきます。

アメリカでは大衆向けに占星術に関する書物や雑誌が多く発行され、世界中で占星術は大流行しました。

そして、20世紀になりようやく日本でも西洋占星術が流行します

みなさんのよく知る太陽星座だけで占う12星座占いもこの頃にできました。一番馴染みがあって昔からあるように思えますが意外と新しい占いです。

今ではパソコンが普及しネットやメールで占いをしたりホロスコープを簡単にパソコン作成できるようになり、私たちも手軽に西洋占星術が楽しめます。

流行と衰退を繰り返し様々な人々が研究してできたのが今の占星術なのです。

当たる電話占い

BEST3

b

第1位:ヴェルニ

jjh

i

第2位:ココナラ

koko

h

第3位:ピュアリ


-電話占い体験談, 占い体験談

Copyright© 当たる電話占い体験談 , 2018 All Rights Reserved.