当たる電話占い体験談

復縁・略奪愛・不倫・浮気・片思い・再婚・恋愛におすすめ

姓名判断とは?

更新日:

姓名判断とは人の姓名から性格や人生の優劣、最適な職業、恋愛傾向、結婚運などを画数を元にして運勢を判断する占いのひとつです。

起源は古代中国の五行説および陰陽説にあります。

五行説では数字は木、火、土、金、水の五行に関連付けられていて陰陽説では数字は陰と陽を表します。

姓名判断ではこれらを使用して画数から五行と陰陽のバランスを考慮して占います。

また名前がその人の過去、現在、未来を暗示しているとの考えに基づいて天格、人格、外格、地格、総格の五運に分類されます。

天格は姓と名の字画数の関係が姓名判断においては重要とされていて晩年に影響力を強めると言われています。

配偶者の一方は婚姻後に天格が変わるので総格も変わります。人格は姓名の中心であって五運の中核でもあり人物の内面を表して中年期の運勢に影響を与えます。

外格は外的要素や対人関係、社会的環境一般の運勢と呼ばれています。

地格は幼少期の運勢を表して成長過程に強い影響力を表します。

総格は姓と名を合わせた字画数で人生を歩むにつれて色濃くでてくるといわれ晩年に影響を及ぼします。

日本での姓名判断

日本での歴史は比較的新しく庶民が姓を名乗るようになった明治以降に提唱されたものです。

日本では姓名判断にさまざまな流派が存在しています。旧字体を活用する流派では熊崎式があり中国の漢字辞書に基づいて占いをします。

新字体を活用する流派では五格に加え四運を採用している桑野式や画数の吉区だけではなく同格同数理論という働きが同じ数字の位置関係にカバラを加えるという吉元式があります。

旧字体派や新字体派に共通するのは五格によって運勢を見てさらに五行のバランスや三才などの有無が加わることです。

どの流派が正しいということはないのですが現在において人気があるのは旧字体を採用した熊崎式です。

姓名は名付け親の思いが込められており姓名判断によって自分の運命を受け入れてそれを改善したり乗り越えたりする努力の手助けとなるのです。

名は体を表すと言いますがそれは普段使用している姓名がその体の本質や性格、可能性や運勢を表しているという基本的な考えからきています。

良い画数の名前は運勢や性格の良さを表して悪い画数は運勢や性格の悪さを表しているのです。

しかし、これはあくまで可能性や本質的な部分に言及しているわけで今後の環境や努力によって改善する余地はあるのです。

良い姓名は人との出会い良さや可能性の豊富さに表れるので良い姓名に越したことはないのです。

当たる電話占い

BEST3

b

第1位:ヴェルニ

jjh

i

第2位:ココナラ

koko

h

第3位:ピュアリ


-占い体験談

Copyright© 当たる電話占い体験談 , 2018 All Rights Reserved.