当たる電話占い体験談

当たる電話占い師

電話占いと霊感への興味

投稿日:

そのAという電話占い師が店を開いているのは、東京のJR中央線の沿線――有名な女子大の近所にある雑居ビルの一室です。
場所柄、もっぱら顧客としているのはその大学の学生のようですが、土日になると首都圏はもちろん、遠くは北海道からも、悩みを抱えた人が訪れます。

Aさんは三十歳代半ば、鶴のように痩せています。いつも地味なジャケットを羽織っているせいもあって、書斎にこもって研究に余念のない少壮の学者といった感じです。  実際に、Aさんはもともとアカデミズムの人間で、大学院で歴史を研究していました。  専門は霊感日本近代史。

学究生活に入ろうとしたのは、旧満洲での日中戦争から日米開戦、そしてポツダム宣言受諾へ至る軍国主義の時代に対し、批判する気持ちが強かったからです。

占いへの興味が出たのも、その歴史研究の過程においてでした。当時の海軍航空隊が、搭乗員の適性を検査するのに際し、ある占い師による手相に頼っていた、という事実を、資料によって知ったのです。

「こんな悪霊と占いという非科学的なことをやっていたから、日本はダメになったんだ」  大いに憤慨したこともあって、その詳細を調べることになりました。ところが、関係者の証言などを読んでゆくと、その占いがよく当たっていました。非科学的な事を受け付けないはずの軍務局も、渋々その占い師を嘱託として採用したほどの的中率でした。  疑問を感じながらその占い師のことを調べるうち、やがて、Aさん自身が手相に興味をもつようになってきました。資料にもあったのですが、これは一種の応用統計学ではないか、という気がしてきたのです。

統計学ならば、立派な科学といえますし、決して霊感的なまやかしではない。

そのことで、Aさんの電話占いと霊感への興味がさらに高じてきました。そのうち、歴史研究そっちのけで、「易経」などを読みふけり、大学の助手仲間や学生たちの手相を見るようになりました。それが「よく当たる」と評判になったのです。

結局、Aさんは助手という地位を捨てて占い師の道を選びました。胡散臭いものと誤解されている占いを、科学的な根拠のある学問として、キチンと評価される対象としたいという願いからだそうです。  僕は近所に住んでいることもあって、冷やかしのつもりで手相を見てもらったのですが、家族に関することや病歴などをピタリと当てられ、すっかりAさんの信奉者になってしまいました。

Aさんが手相を見る時の顔は真摯そのものです。昔取った杵柄というべきか、一つの資料として手のひらを見ているといった趣きで、その気迫には学問に携わることの厳しさがうかがわれます。

何度も占ってもらうので、時には全く見当外れの結果に終わるようなアドバイスもあるのですが、学者的なアプローチで占いに取り組むAさんには商売気も薄く、その人柄にこちらも打たれてしまうのです。

僕にとっては生活上の助言者として、常に霊感電話占いの悪霊に会いに行きたい存在になっています


当たる電話占い

BEST3

b

第1位:ヴェルニ

jjh

i

第2位:ココナラ

koko

h

第3位:ピュアリ


-電話占い体験談

Copyright© 当たる電話占い体験談 , 2018 All Rights Reserved.