当たる電話占い体験談

復縁・略奪愛・不倫・浮気・片思い・再婚・恋愛におすすめ

占い師の名前の決め方

更新日:

占い師が占い師としての名前を命名する際、これといった決め方はありません。

なので自身が扱う占いの特徴やチャームポイントから名付けるパターンは当たり前ですし、命名する日の曜日や時間、目に入った文字や情報等から思い付きで決めたり所属している団体や流派、あるいは同業者から名付けてもらったりなど様々な決め方が許されています。

なかには本名のまま、占い師の活動をしている人もいます。

このように多くの人がネットで使っているハンドルネームのように占い師の名前もまた自由に決められますが、自分の名の命名する際には暗黙のルールを踏まえてつくったほうが占いを生業にする者としての最低限の責務を果たせるうえに周囲のアピールにもなります。そのルールのポイントは大まかに分けて3つあります。

まず1つ目のポイントは幅広い世代に一目見て覚えられる漢字やひらがな、カタカナを用いることです。

日常でも同じですが、初対面の人の苗字は「八重垣」や「本庄屋」といった変わった名よりも「高橋」や「鈴木」など身近で分かりやすい方が覚えやすいです。

これは芸能人でも同様でシンプルで親しみやすい名ほどすぐに口に出しやすく、簡単に名を記憶に残せます。

周囲の人に名を覚えてもらうのは大切です。そのため子供でも読めるような漢字を用いて命名することが理想ですが、簡単な漢字を一字ずつ名に当てたせいで逆に分かりにくくなる可能性があるので気をつけなくてはなりません。

占い師の名前の由来

次に2つ目のポイントは由来が込められていることです。

占いを生業にしている以上、占いを依頼する客との対話は必要不可欠となります。

どんなシチュエーションでも対話は信頼を築き上げるツールの一つであり、特に占い師とっての信頼は客に足を運んでもらうための大事なツールです。

もちろん実績や客への姿勢でも信頼は獲得できますが、些細なものでも用意して損はありません。

それに自分の名の由来を込めれば初めて来た客へのきっかけにもなります。

場合によってはそれで好感を得られる可能性も十分あり得ますが、縁起が悪そうな言葉や良くない画数の漢字など悪い印象につながる言葉を使うのはタブーです。

名前の由来はあくまで縁起が良く、善性を感じられるものが一般的です。画数についてはあらかじめ調べれば問題ありません。

そして3つ目のポイントは同業者と被らないことです。

同姓同名はもちろん、他の同業者と似た名前にしてしまうと覚えづらいうえにややこしくなります。

最悪、トラブルの種にもなるリスクがあるので避けるべきです。

当たる電話占い

BEST3

b

第1位:ヴェルニ

jjh

i

第2位:ココナラ

koko

h

第3位:ピュアリ


-占い体験談

Copyright© 当たる電話占い体験談 , 2018 All Rights Reserved.