当たる電話占い体験談

復縁・略奪愛・不倫・浮気・片思い・再婚・恋愛におすすめ

風水占いとは?

更新日:

風水とは、その起源は古代中国で生まれ何千もの時をかけて進化、研究、発展されてきておりその後世界中に広まり歴史ある思想の1つであります。

現在は多くの日本人もその名を知っており、沢山の人から関心を集めています。

更に詳しい起源は、中国で地理や天と地の意味でも使用され、住居、墓、都市の配置の吉凶を判断する技術として使用されていました。

生きている人間の住居を陽宅、死者の住居を陰宅と呼び、それぞれを明確に区別する事が生者と死者にとって良いものだと言う考えが風水の始まりでもあります。

その歴史は明確ではありませんが、少なくとも紀元前の出来事と言われています。

中国では風水占いを2つの思想に分けており、土地の起伏や水の流れを読む思想と、天と地の間を流れる気を読む思想に分けております。

天体自然の本体である道は1つの霊的な気を生み出して、万物が陰陽に分かれ2つの気となって存在し、2つの気を結ぶものと言われています。

更に掘り下げると、中国の古代伝説の史記では、伏義氏が方位の原型となたった先天八卦を作り、次に漢方薬の原型を編み出したとされる神農氏が登場しました。

神農氏は五行の火の徳を持って皇帝となったため、炎帝とも呼ばれ世界で初めて医薬や楽器を作りました。

また易の八卦を重ねて六十四卦を作ったと言われています。

神農氏は都を東部山東省にある理想的な地である曲阜に移し、政治を確立したと言われています。

気を読む日本の風水

現在の日本の風水と呼ばれている多くは、気を読む理気の思想になっています。

日本には奈良飛鳥時代に渡ってきており、日本の陰陽師の発展に影響を与え家相の思想が日本独自の発展を遂げ、現在の形になっていきました。例えば平城京や平安京または江戸城は気を読んで設計、建設されたと言われています。

より良い住居を選ぶための知識や技術として、何千年の歴史を経て現代の日本の思想に繋がっています。

世界でもその使い方や気の見方は異なっており、例えば香港の有名な高級マンションでは、マンションに大きな穴を作り、気の流れを遮断しない様にしています。

日本では理解できませんが、現地では龍脈の通り道を作るためにマンションに穴を空けたとされています。

日本では例えば物を置く事により運気を上げています。

店やレストランまたは会社で水槽を置いている所が多くありますが、理由は水と金魚は金運をもたらすとされているからです。

また黄色の財布などを持つ理由もこの金運が関係しています。

この様に建物だけではなく風水は国により物やその配置によって気を変える方法もあります。

当たる電話占い

BEST3

b

第1位:ヴェルニ

jjh

i

第2位:ココナラ

koko

h

第3位:ピュアリ


-電話占い体験談, 占い体験談

Copyright© 当たる電話占い体験談 , 2017 All Rights Reserved.