当たる電話占い体験談

当たる電話占い師

占い師の夢占いとは?

更新日:

占い師がする夢占いとは夢に出てきた内容をもとにして、現在の状態や将来起こりうることを判断しようとするものです。

人は誰でも願望や期待、不安を持っているものですがそれをはっきりと意識しているとは限りません。

自分が明確な形で気づいていない感情などが睡眠中には、意識水準が低下する結果、意識が明確な状態では現れないイメージとして現れることがあります。

このイメージにはさまざまなものがありますが、それぞれがどのような意味を持つかについては時代や民族によって異なる場合が少なくありません。

ただし、最初有名なフロイトの弟子で後に袂を分かったユングは時代や民族を超えた共通のイメージが存在するとし、これを元型(アーキタイプ)と呼びました。

夢占いの起源

さて夢占いの起源ですが、はっきりとはしていません。

睡眠中に見た夢が現実の生活と無関係だと思われる場合、その意味するところを探ろうとするのは至って自然なことであり、人類の歴史とともにその起源が始まったといってもよいのではないでしょうか。

日本人にとって夢に関してまず思い浮かぶのは、初夢に見ると吉とされる「一富士二鷹三茄子」でしょう。

初夢が文献の歴史上初めて現れたのは、鎌倉時代の「山家集」です。

ここでは節分から立春に見る夢が初夢とされていますが、現在ではおおよそ元日から二日に見る夢とされ、これで一年の吉凶を占います。

また夢が現実になった場合、その夢を「正夢(まさゆめ)」。

また夢と逆の内容が現実となった場合、その夢を「逆夢(さかゆめ)」と呼びます。

これらの言葉は日常生活でもよく耳にするので、夢の内容によって吉凶を占うのが身近なものであることがわかります。

夢占いに関しては、先ほどの「一富士二鷹三茄子」など俗説といってよいものが多いのです。ほかにも一般によく言われるものとして殺したり殺されたりする夢は幸運を意味するとか、排泄物の夢は金運が良くなることを示す。

あるいは怖い夢は良いことが起る兆しといった内容があります。

夢占いを初めて科学的な視点から捉え直したといってよいのは、有名なフロイトです。

彼の著作を元にした夢占いの本は数多く出版されています。

彼によれば靴箱のようないわゆる「容れ物」は女性器を象徴し、銃など細長いものは男性器を象徴するなど納得しやすい内容もあるのですが、あまりにも性的な内容に偏っているとか、個人的な意見に過ぎないなどとの批判も少なくありません。

夢には占いレベルですむようなものもあれば、ユングのいう「大きな夢」のような重大な夢もあるとする立場もあり、精神病理学を重視する立場では、占いではなく「夢分析」などと呼ぶ傾向があります。


当たる電話占い

BEST3

b

第1位:ヴェルニ

jjh

i

第2位:ココナラ

koko

h

第3位:ピュアリ


-電話占い体験談, 占い体験談

Copyright© 当たる電話占い体験談 , 2018 All Rights Reserved.