当たる電話占い体験談

復縁・略奪愛・不倫・浮気・片思い・再婚・恋愛におすすめ

当たる電話占い

BEST3

b

第1位:ヴェルニ

jjh

自信を持っておすすめできる老舗の当たる電話占いサービス!

メディアで有名な人気占い師も多数在籍!霊感タロットが得意な占い師も多いです!

その他にも全国で活躍する人気占い師の先生方に、自宅に居ながら直接電話で占ってもらえるが人気の理由。

各地の「占い館」や「行列のできる占い館」の有名占い師に電話相談ができる!

zenkoku

ヴェルニ独自の厳しい審査基準を突破した占い師が霊感タロット・霊視を駆使し鑑定。

復縁・略奪愛・不倫・浮気・片思い等々、あらゆる悩みに対して丁寧に鑑定してくれます。

朝9時から深夜5時まで、スタッフが常駐しており、分からない事や質問に電話やメールで親切に対応してくれます。

そして、占いコンシェルジュというサービスがあり、ユーザーの悩みに合った占い師を紹介してくれるサービスもあります。

*プライバシーマークを取得し、個人情報保護を徹底!

支払い方法も「銀行振り込み」「クレジットカード払い」「電子マネー」「楽天ID決済」「yahoo!ウォレット」「携帯キャリア決済(docomo/au)」から自由に選択できます。

電話料金はフリーダイヤルで、全国どこでも通話料無料!

鑑定が長時間となっても通話料金を気にすることなくご利用頂けます。

shousa


i

第2位:ココナラ

koko

1分100円から・通話料無料のお値打ち価格設定

NHKの「あさいち」でも紹介された当たる人気電話占いサービス!

その他メディアにもよく当たると取り上げられています。

「稀有(けう)」先生、「ちわ けいこ」先生、「セシリア」先生、「玉姫 光」先生、「宮里 砂智子」先生が人気です!

shousa


h

第3位:ピュアリ

スピリチュアルな先生が多いのが特徴!

24時間好きな時間に、手軽に電話占い相談ができる!

今なら「10分無料電話鑑定」

初回はどの先生を選んでも10分間無料でご相談頂けますので、ユーザー様の初回利用率は業界最高!

shousa

当たる電話占いとは?

電話占いとは、その名の通り電話をかけて占い師に占ってもらうサービスです。

実際に占い師がいる場所に行かなくても、電話さえあれば、自宅や外出先からでも占ってもらえるので、利用者は年々増加しています。

やはり、占い好きの女性の利用者が多いようです。当然当たる電話占い師が人気です!

電話占いの相談内容は、やはり恋愛や結婚・離婚・浮気・不倫・DV・ストカー・復縁等々の男女間の悩みや人間関係の悩みが多いようです。

【タロット占い】

電話占いの占い師は、いろんな占いの方法を使いますが、人気なのが電話による「タロット占い」です。

「タロット占い」という言葉を聞いたことがある人は、多いと思いますが、実際どんな占いなのかを説明できる人は少ないと思います。そして、西洋占星術も人気です。

これから、タロット占いと西洋占星術について説明したいと思います。

タロット占いは、基本的に3ヶ月後の未来を当てる事を得意とする占いです。

かなり集中すれば、数年先の未来を占える占い師もいます。

つまり数年先よりも直近の運勢を占うほうが的中率はアップし、当たりやすいのです。

ですからタロッ卜占いでは、生涯を通した運勢を当てたり占うことができません。

そのためプロの電話占い師は、占いに来た方からのさまざまなニーズに対応するために、タロット占いの他に命術という生年月日を使って鑑定結果を出す占術も同時にマスターしている場合がほとんどです。

西洋占星術や四柱推命、九星気学、数秘術などの命術は、その人が生まれ持っていて簡単には変わらない性格や運勢を示し、数十年の長いスパンや生涯の運勢を占うのに適しています。

ですから西洋占星術はタロットとの相性が非常に良ぐこの2つの占術を組み合わせて使用している電話占い師が大半です。

簡単に言えば、タロット占いが、3カ月後の未来、西洋占星術が数年先の未来を占うという事です。

そして、タロット占いで占う未来は、「今のままでは、こうなる」という当たる占いです。

言い換えれば、「今の状況や考え方を変えれば、未来も変わる」という占いです。

電話占いのメリット

通常の占いの場合、対面しているので、人によっては、恥ずかしくて本音を占い師に伝えることができない場合もあると思います。

しかし、当たる電話占いなら占い師と直接顔を合わせる必要がないので、本音を占い師に伝えやすいというメリットがあり、本音を伝えることによってより正確な鑑定をしてもらえるというメリットがあります。

また、電話さえあれば、場所や周りの目を気にせず利用できるのもメリットの1つでしょう。

当たる電話占いの料金

当たる電話占いサービスの料金ですが、会社によって様々ですが、通常1分間に○○円で、通話料金無料というところが多いようです。

言い換えれば、通話料は無料で、鑑定した時間に比例して占い鑑定料金のみ発生という事です。

支払い方法も「銀行振り込み」「クレジットカード払い」「電子マネー」「楽天ID決済」「yahoo!ウォレット」「携帯キャリア決済(docomo/au)」から自由に選択できます。

*電話占いサービス会社によって少し料金体系が違いますので、各電話占いサービス会社のページで確認してください!

電話占いやメール占いの注意点

当たる電話占いは、占い師の顔が見えないので、不安に思うかもしれませんが、顔が見えないからこそ占い師と対面の占いよりも丁寧に話を聞いてくれます。

そして、意外かもしれませんが話しやすい感じで聞き上手な占い師が多いようです。

面と向かってだと、なかなか言い出しにくい事が多々あります。

しかし、電話占いの顔が見えないという特性で、普段なかなか言うのが恥ずかしいプライベートな事でもはっきりと占い師に伝えることができるメリットが電話占いやメール占いにはあります。

また、電話でのタロット占い等でカードをシャッフルする時は、保留にする占い師が多いので、無言の気まずい空気にはなりません。

その辺も電話占い師側もいろいろ雰囲気作りに気を使っているようです。

言い換えれば、無言の時間を作らないように配慮しているのです。無言の時間が多くなると、お客さんも不安を感じますからね。

また、時には必要以上におしゃべりなお客さんもいるそうですが、その場合も話の腰を折ることなくしっかりと聞いてくれます。何の利害関係もない当たる電話占い師だからこそ話せることも多いようです。

メールの場合の注意点は、何を鑑定してほしいのかを明確に占い師に伝えることです。

占い師側もメールの内容から推し測ってくれますが、内容が明確であることに越したことはありません。

占いで人気のタロットカードの起源説と歴史の紹介

タロット占いの起源説は、いろいろとあります。

最古だと西暦1400年代前半にイタリアで製作されているという話です。

この時代のタロットカードは、占いに使用していたわけではなく、単にゲームとして使用されています。

そして、タロットを使ったカードゲームは、イタリアからフランス、ドイツなどのヨーロッパに広がるようになっていったのです。

ちなみに、占いとしてタロットカードが使われるようになったのは、西暦1700年代からの記録があります。

他にもエジプトが起源説だという話もあります。エジプトが起源だというのは、フランスのジェブランという学者が提唱したからです。

これを提唱したころは、西暦1700年代くらいで、この頃からゲームとして利用されていたものから、本格的に占いに使用するように変わってきたのです。タロットが神秘的というイメージもこの頃から付いてきたようです。

占いへと変わったきっかけを作ったのが、フランスのジェブランの影響を受けた、フランスの占い師エッティラです。

エッティラは、タロットカードを使用して占う方法をまとめて、エッティラ版と呼んでいるタロットカードを出したのです。
ここで神秘的なタロットカード占いが誕生したといっていいでしょう。

西暦1800年代からは、ユダヤ起源説だという話もあります。これは、神秘思想家であるレヴィに提唱されたからです。レヴィは、タロットカードの種類が22枚で、ヘブライ語も22文字という共通点があるということを言いました。

タロットとカバラを結びつけた本人でもあります。

これ以外にユダヤが起源である根拠は特にないのですが、当時はフランスでとても影響力があったレヴィが提唱したので、広まったと考えられています。

そして、レヴィが提唱したことを継承して発展させた人がいます。それが、カバラの研究者であるウェストコットです。

レヴィの記述を補足するような形でいろいろと執筆しています。タロットの解釈に貢献した人物だといえます。

西暦1800年代後半には、ウェストコットをリーダーのようにして、タロットを用いる霊視も行うようになりました。

諸説ありますが、歴史の流れをまとめてみると、西暦1400年くらいから1700年くらいまでは主にイタリアで、それからはフランスを中心にタロットが広まっていたという流れですね。

西洋占星術の歴史

西洋占星術の歴史は、紀元前からあります。本当に昔からあったのですね。

最古と言われているのが、メソポタミア文明からです。紀元前の8000年から7000年くらいのときに、シュメール人が定着しました。このシュメール人こそ、最古の占星術を作ったとされています。

彼等は、月が満月になったり、半月になったりするのを見て、太陽暦を作りました。

そして、このシュメール人たちのあとを継いだとされるのが、バビロニア人たちです。バビロニア人たちが受け継いだ時期は、紀元前3000年くらいです。

ちなみに現在でも使用されている12進法や、60進法はこのバビロニア人が起源という説もあります。

バビロニア人は、地上で起こった出来事と常に変わる天空の状況とを照らし合わせ、これの関係性について調べていきました。

そして、カルデア人へと受け継がれていきます。カルデア人とは、ローマやギリシャの人たちからそう呼ばれていたそうです。なので、バビロニアの人々と同じだったとも言えますね。

カルデア人は旅をする民族でした。旅をしている人たちは、ずっとその地域に定住している人たちよりも危険が多いものです。

この危険を回避するために、地上で起こったことと、天空で起こったことを記すようになりました。

この関係性を見つけることによって危険を予測しながら旅をしていたみたいです。

この知恵が、占星術の元となったと言われています。

紀元前500年くらいになると、現在使用している12星座の原型ができました。

ギリシャ世界に伝えられていくのが、紀元前500年くらいで、バビロニアのベロッソスによってギリシャに伝えたと言われています。

ギリシャの哲学は、人がどのように生きれば救いがあるのかということを調べていました。これは個人のために行うものでした。

ベロッソスが伝えたものとギリシャの哲学が融合して、新しい占い方がここに生まれたのです。

ギリシャの哲学は、ギリシャの天文学者であるアリストテレスが関係しています。

元々、バビロニアは個人のために占いをしていたわけではなかったので、これにより始めて個人の占いをするという考え方ができたというわけですね。

そして、エジプトにも伝えられていきます。エジプトでは、多くの天文学者が天空の観測をしたり、宇宙について調べていました。
エジプトに伝えられたこの時代から、ヘレニズム時代と呼んでいます。

ヘレニズム時代にプトレマイオスが書いたテトラビブロスというものがあります。これは、西洋占星術の大事なものと言われていて、現在の占星術の完成型と言っても良いでしょう。

西洋占星術は、紀元前から始まり、あらゆる考え方によって、今があるということですね。

更新日:

Copyright© 当たる電話占い体験談 , 2017 All Rights Reserved.